MENU

久留米八女広川の坐骨神経痛で歩けないあなたへ

2018年10月15日

こんにちは。

大木町整体整骨院の中村です。

今回もお身体で悩まれるあなたに健康情報をお届けいたします。

 

今回は「坐骨神経痛」についてです。

私も高校のころにあったのですが「坐骨神経痛」になると本当に歩けなくなりますよね・・・

しかも、痛みが減りにくいから治らんのじゃないか?と思ったこともありました。

 

しかしながら、私はお医者さんから治らないと言われた「坐骨神経痛」も治り、今では元気に「坐骨神経痛」で苦しまれてある患者様の治療をしております。

 

話がそれました・・・

 

まず、「坐骨神経痛」とはなんなのか?

これは、坐骨神経というお尻にある太い神経が筋肉によって押さえつけられた状態をいいます。

この坐骨神経という神経は木でいうところの枝になります。

では、木の幹はどこかというと「腰」にあります。

 

脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアなど腰の症状はたくさんありますが、「坐骨神経痛」と症状は類似しています。

レントゲンで「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」と診断されてある方の多くは坐骨神経痛の方が多くいらっしゃいます。

例えば、L4とL5の間が狭くなっているため痛みが出っていると診断を受けられて来院された患者様がいらっしゃいましたが、検査の段階でヘルニアのテストを行いましたが反応がありませんでした。

逆に坐骨神経の圧を掛けたところ反応がとれて坐骨神経と判断しました。

 

最初に来院された際は泣きそうな顔で肩を借りて入ってこられていましたが、3か月後には仕事をしても旅行に出かけても問題なく歩いたり、走ったりできるようになっていました。

 

今、あなたが坐骨神経痛かな?と考えているのであればしっかりと検査を受けられてみてください。

 

今日もお付き合いいただきありがとうございました。

この記事の関連記事


最新記事


© 2019 久留米筑後八女の腰痛骨盤矯正専門大木町整体整骨院 All rights reserved.